航空会社

どんなサービスを実践したかと言うと、企業の経営者が自ら搭乗口に向かって、乗客に対して丁寧にアテンドするなど、誠実な姿勢をアピールしたのです。ところが、どの会社も機内サービスには目を向けているので、それらを徹底させるだけでは、大きな差別化には決してつながりません。それでは、具体的にはどのような手法が実践されているのか紹介します。 世界各国を渡る就航路線で、数多くの航空会社がシェア争奪戦を繰り広げている航空業界もまた、価格だけでなくサービスを差別化することで、オリジナリティを求めるブランディング戦略が行われています。つまり、顧客満足度を獲得することが、ブランドを向上させるカギとなるのです。そこで、アメリカのある航空会社では、顧客の満足度をより向上させるために、飛行機の外側においてもサービスの向上に徹底して乗り出したのです。 きめ細やかなフライトアテンダントの接客はもちろん、音楽や映画、機内食、飲み物、機内誌といったクオリティを改善させるポイントは、いたるところにあるのです。このように、機外で実践する取り組みは、航空会社の新たなブランディング戦略として、注目されています。 特に、需要の激しい欧米とアジアを結ぶ長距離路線では、消費者にいかにして長時間 のフライトを満足してもらうかが課題となっています。通常ならば、航空会社各社が サービスの充実に取り組む場合、機能サービスを向上させることに着目するでしょう。 とうぜんのごとく、様々な機内サービスを用意し、他の会社との差別化を図らなければ、 この業界で生きていくことはできません。