海外赴任を言い渡される事

辞令を受けてから色々と動くようだと、間に合わないケースもあります。そういった時代にあって何の準備もせずにいると、ある日突然海外へ行くように命じられた際に大慌てしてしまう事になるでしょう。それに伴い、海外赴任をする人の数も年々増加していきました。しかし、時代が進み2000年代に入ってくると、今度はむしろ「海外で勝負する方が勝算がある」という企業、あるいは状況がかなり増えてきました。

日本以外で勝負をする事は、無謀と言われる時代もありました。特にアジア進出は顕著で、2001年の長期滞在者数と2005年のそれとでは、実に1.5倍もの差があります。また、赴任先もかなり広がりを見せており、アメリカや中国などの定番の国だけでなく、近年ではイギリス、ドイツなどのヨーロッパや、タイ、シンガポールなどの東南アジアの滞在者もかなり増えています。

現代は、海外赴任を言い渡される事を常に想定し、準備をしておくくらいの心構えが必要な時代なのです。1900年代から2000年代に時代が移り変わり、それに伴ってビジネスという観点でも、日本においては大きな変化が生まれました。以前は、海外進出というものは一種の「高嶺の花」でした。

今や、海外赴任は当たり前の時代になっているのです。2000年代に突入して以降もその傾向は強くなり、海外の長期滞在者の数は、2000年代前半と後半ではかなり差が出てきており、どんどん増えています。その最たる例が「海外進出」でしょう。


シミュレート

海外に出て行くとなると、国内を移動するのとはわけが違います。ただ、いくら準備をしておくべきとはいえ、まだ決まってもいない海外赴任の準備を具体的にするというのは、さすがに勇み足という事になりかねません。さらに、家族を連れて行くか否か、連れて行くなら学校や勤め先はどうするのか、海外での生活のためには何が必要か、荷物は何を持っていくのか等、とにかく色んなシミュレートが必要です。また、赴任先の情報収集も必要となってきます。

いつ海外赴任が命じられるかわからない近年において、その準備は日常的に行っておく事が好ましいといえます。そうする事で、いざ準備を始めようとなった時にも円滑に動く事ができます。まず、パスポートやビザの発行が必要となりますから、海外旅行等に行ったことがない人の場合は、その手続き方法を調べるところからスタートしなくてはなりません。これは海外赴任が正式に決まった後でも良いですが、自分の会社が海外に派遣する場合、どの国になるのかというのは、ある程度想像が付くでしょう。

海外赴任のシミュレートは、「情報収集」「計画を練る」「話し合いをする」といった、お金のかからない事が中心となるでしょう。このうち、特に重要なのは情報収集です。これらを事前にしっかりと決めておけば、非常にスムーズに手続きを行う事ができるでしょう。

まずは、「仮に」海外赴任を言い渡された時にどうするかという「シミュレート」をしておく事をおすすめします。その国や地域の事について、事前に調べておくというのも良いかもしれません。


保健

自動車関連の手続きも必要となります。この他、海外での引っ越しや保健に関する情報も、できるだけ集めておく事をおすすめします。ですが、一家で引っ越しする場合は、その家をどうするのかをあらかじめ考えておく必要があります。賃貸住宅の場合は明け渡しという選択しかありませんが、持ち家の場合はそうも言っていられません。

特に重要なのが、現在住んでいる家をどうするかという点です。海外赴任の準備をシミュレートする場合には、より具体的な計画書の作成が、それに該当するでしょう。シミュレートを行う際に重要なのは、いかにそれが本番で役立つかという事を常に考える事です。まず、海外赴任の準備の際に手続きを行う必要のある事を羅列し、チェックシートを作ります。

状況によっては、貸家にするという選択肢もあります。では実際に、計画書を作ってみましょう。空き家にしておくと荒らされる可能性もありますし、風化してしまう恐れもあるので、なるべく賃貸にしておいた方が良いでしょう。たとえば、家族一同で引っ越す場合は、水道やガス、電気、固定電話などを止める手続きを行う必要があります。

車庫を持っている場合は、その車庫に関する手続きも必要なので注意しましょう。単身赴任で海 外へ行く場合は、家族が継続して住む事になるので、特に問題はありません。また、子供が一緒 に行く場合は、転校や留学の手続きが必要です。数年で帰ってくる場合、十年以上居続ける場合 、海外に永住する場合など、様々な状況に応じたシミュレートをしておく必要があるでしょう。 簡単なようで、本当に複雑な手続きもありますので、しっかり調査しておく必要があります。