テーマパーク

A社においては、テーマパークのキャラクターについては子どもを対象としたものであるものの、「すべての人に最高の喜びを与える」というコンセプトを前面に押し立てることで、マーケット拡大に取り組みました。A社のブランディング戦略の大きなポイントには、まず、テーマパークを運営する上でのコンセプトを確立して、テーマパーク内で行うさまざまなサービスによって、そのコンセプトを徹底して実践したことにあります。 実際にブランドの確立を成功させた、ある有名なテーマパーク「A社」を例に挙げて紹介していきましょう。それでは、より確かな成功を遂げることのできるブランディング戦略には、どのような手法が必要なのでしょう。 テーマパークは、売上の大半を決めるのが「集客力」です。また、このコンセプトに基づくサービスやイベントを遂行したことにより、A社の運営しているテーマパークは、子どもたちだけでなく、その両親にまで親しまれるテーマパークへと飛躍したのです。 テーマパークにおいてのブランディング戦略は、消費者に対して、どれだけ「足を運んでみたい」と思わせるか、または、「足を運ぶだけの価値がある」という印象をもってもらうかが、ブランディングの成功に大きく影響を与えます。このように、運営方針のコンセプトを確立させることによってブランディングを図る手法は、テーマパークにおいてだけではなく、水族館や動物園などを運営する際にも同様のことが言えます。